Papanet.Products

Products > 7IMUduino > 天気予報ガジェットを作る

Products/7IMUduino/天気予報ガジェットを作る

概要

【ご注意】個々の用途については数値や条件が変わることが多いため、 この作例に基づいて実際に使用した場合の結果については責任を負いません。

【NOTICE】Because of the many variables and requirements associated with any particular installation, I cannot assume responsibility or liability for actual use based on this example.

7IMUduinoのスターターキットにはせっかく有機ELディスプレイとフルカラーLEDがついているので、センサーと関係のないアプリも作ってみました。

openweather_clock

openweather_clockは、OpenWeatherMap(http://www.openweathermap.org)から指定した地域の3時間予報をとってきて有機ELに表示します。

ESP8266のIO16を使ったDeep-sleepも実装されていますから、IoTガジェットのサンプルとしても役立つかもしれません。降水が予想されている場合LEDが点灯しますので、玄関先に置いて「IoT傘立て」はすぐに実現できると思います。夏休みの工作ネタにいかがですか?

ESP8266でopenweathermapの巨大JSONを解析するのは骨が折れたので、サーバサイドでテキストに叩き直しています。

ソースコード等

ソースコードやインストールに関してはgithub(https://github.com/papanda1234/openweather_clock)にまとめました。

当たり前ですが、ESP8266のマイコンボードに、フルカラーLEDと有機ELを自分で接続しても動きます。LEDはIO2, 有機ELはIO4, IO5に接続してください。

Referrer more...